チャットレディのウェブカメラ講座!設置方法から選び方まで!

チャットレディのウェブカメラ講座!設置方法から選び方まで!

このページではチャットレディをする上で必ず必要となるウェブカメラについて解説をしていきます。

 

ウェブカメラというのは決して特別なものではありません。スマホにも内蔵されていますので、そちらを利用してチャットレディのお仕事を始めていらっしゃるかたも多いかと思います。それでうまく行っているようであればひとまず問題はありませんが、実はウェブカメラが原因で稼げていないチャットレディさんも少なくは無いんです。

 

チャットレディのお仕事に合ったウェブカメラを利用し、設置方法を工夫する事でお給料がグっと上がる事もありますので、基本操作やお仕事に慣れてきたらウェブカメラを一度見直してみると良いかなと思います。

ウェブカメラ位置の重要性

 

まずはウェブカメラの設置場所がどれだけ重要かというお話をしていきます。

 

ほとんどの新人チャットレディさんはウェブカメラを自分のほぼ正面に設置しています。それもひとつの正解ですので全く問題ありません。ですが、高収入を稼いでいるチャットレディさんは違います。何が違うかというと…

 

ウェブカメラの設置場所は1つではない

 

という事です。

 

普段から写真を頻繁に撮影しているかたや、インスタなどのSNSに投稿をしているかたなどはイメージがつきやすいかもしれませんが、写真を撮影する時って毎回同じ角度やサイズ感で撮影したりしないですよね。自分の顔をアップにしてみたり、逆に自分は少し引いて背景をメインにしてみたり、正面から撮影したり斜め上から撮影したりと、色々な雰囲気の写真を撮影できるように工夫しているはずです。

 

dxliveチャットレディはウェブカメラの角度や距離感を頻繁に変更して魅力を上げる

 

この感覚を写真だけではなくチャットレディの動画の世界でも同じようにウェブカメラの設置場所を考えていけると、視聴者を飽きさせずにチャットレディさんの魅力の幅が広がる映像を届ける事ができるようになります。リピーターを増やす事にも効果的です。

 

有料チャット中にウェブカメラを動かしたりすると、それを嫌がる男性も居ますが逆に『次はどんな映像になるんだろう』とドキドキしてウェブカメラを設置し終わるまではログアウトしにくくなったりもしますので、短時間ではありますが時間稼ぎにもなりお給料も自然と増えていきます。

 

ウェブカメラの効果的な設置方法

 

ウェブカメラの設置場所や方法は無限にありますが、最低限基本的なやり方だけは抑えておきましょう。設置場所によってそれぞれメリットとデメリットがありますので、自分に合ったやり方を選択して下さい。

 

正面に設置

 

自分と並行になるように正面にウェブカメラを設置する方法が最も基本的なやりかたです。

 

正面にウェブカメラを設置した時のメリットは、まず設置が非常に簡単だという点です。パソコンの横に設置したり、モニターの上にクリップでくっつけたりするだけですぐに設置が出来ますので、初心者チャットレディさんにも簡単です。

 

もうひとつのメリットはタイトミニスカートを着用した際に下着が見えやすい事です。もちろん、あくまでも見えやすいというだけですので、しっかりと手を使って下着を隠して頂く必要がありますが、このギリギリ下着が見えるか見えないかという感じや、手でスカートを抑えて下着を隠している姿は、男性からすると非常に興奮する仕草ですので、待機中のインパクトを強くしたいかたには大変オススメです。ちなみに下着が見えそうな場所のことを通称デルタゾーンと呼び、スカートを着用して座っている女性を見かけると、ついついそのデルタゾーンに男性は自然と目が行ってしまいがちなので、その男性特有の習性を上手く利用していきましょう。

 

dxliveチャットレディはタイトミニスカートでデルタゾーンを隠して注目を集める

 

デルタゾーンが見える条件としては正面にウェブカメラを設置する事と、タイトミニスカートを着用する事です。フレア系のスカートでは正面設置のメリットが半減してしまいますので覚えておいて下さい。また、ミニスカート以外を着用してしまうと、あまり面白味が無い映像になってしまう可能性が高いですので注意しましょう。

 

斜め上に設置

 

正面に設置するのと同じくらいオーソドックスなやり方は、正面よりもやや斜め上にウェブカメラを設置する方法です。

 

斜め上に設置した時のメリットはチャットレディさんの顔が可愛く綺麗に映りやすいという点です。目が少し大きく見えたり、アゴが細く見えたりして小顔効果もあったりしますので顔に自信があるかたにはオススメです。

 

また、胸をアピールする際は斜め上からの映した方が迫力のある映像になりますので、胸に自信があるかたにも非常に向いています。

 

1点だけ注意したいのは、足元も出来るだけ映るようにウェブカメラを設置して頂きたいという事です。

 

顔と胸を映すようにウェブカメラを設置すると、どうしても足元まで入らないという事もあるかと思いますが、ウェブカメラの位置を離したり角度をつけてみたりして、出来るだけ足元が入るようにして頂けると良いですね。

 

dxliveチャットレディはウェブカメラで足元をしっかり映して魅力を伝える

 

特にDXLIVEなどのアダルトライブチャットの場合に、男性はチャットレディさんの上半身よりも下半身がどのようになっているかという事が気になるのですが、下半身が見えていない状態だとふとももの太さや服装もわからず、有料チャットにログインする為の情報が不足してしまいます。本当にお金を使うだけの価値があるかどうかの判断が出来なくなってしまうという事です。

 

もちろん、顔や胸が非常に魅力的であればこのような事は関係なく稼げる場合もありますが、男性にとっては足元も非常に重要であるという事は覚えておきましょう。

 

斜め下に設置

 

実践されているチャットレディさんは多くありませんが、チャットレディさんはソファーなどに座った状態でウェブカメラを斜め下に設置するという方法もあります。

 

斜め下に設置する際のメリットは足元が際立って映される点です。座っているだけでなく時々立ったりすると下着が見えそうなドキドキ感を演出する事が出来ます。

 

女性を下からのぞき込むという機会は日常生活ではほとんどありませんので、普段とは違った興奮を男性に与えることが出来ます。

 

dxliveチャットレディは下から撮影しても面白い

 

逆に上半身や顔は映しづらいのはデメリットになります。顔を映したとしても影になる部分が多く、アゴも太く見えてしまうので、斜め下にウェブカメラを設置する際はきっぱりと顔を映す事は諦めて、足元に専念した方が宜しいかと思います。

 

また、上級者のテクニックですが部屋の角にウェブカメラを設置して、そのウェブカメラの前に観葉植物などを設置し、観葉植物の奥にチャットレディさんが居るような形にしてあげると、まるで男性がこっそりと女性の部屋を覗いているかのような一風変わった雰囲気を作り出すことも出来ます。

 

その他の設置方法

 

設置方法というわけではないのですが、ウェブカメラを手で持ったり自撮り棒などを使って操ったりするのも面白いと思います。臨場感が強くなりますし、ハプニングが起こりやすそうな雰囲気になるので男性側としてもハラハラドキドキしながら目が釘付けになりやすいです。

 

慣れている感じを出さずに不器用そうな雰囲気でウェブカメラを操作すると効果的です。ただし、チャットレディさん側としても本当にハプニングが起こりやすいですので、基本的な出演になれてきてから時々サービスとして短時間やったりする程度にしておいた方が良いかなと思います。この方法で稼ぐというよりはあくまでもアクセントのひとつとして覚えておいて下さい。

 

便利なアイテム

 

ウェブカメラを設置する際には三脚があると位置や高さを自由に変更しやすいので便利です。三脚は少々幅を取ってしまうというデメリットもありますが、素早く設置位置を変更できるので有料チャット中にコロコロと変更する事が出来ます。

 

角度を自由に変更できるという意味ではカメラアームも大変オススメですが、設置場所そのものを大幅に変更する際には少し手間がかかってしまったりするので向いていません。

 

dxliveチャットレディは三脚やカメラアームがあるとウェブカメラの設置場所が広がる

 

スマホで出演する場合はスマホスタンドを使えばだいたいの設置場所に対応できますので用意しておきましょう。

 

ウェブカメラの選び方

 

ノートパソコン内蔵のウェブカメラやスマホに付属のカメラだと画質が悪くなりやすいです。とりあえずチャットレディのお仕事を始めてみても全然大丈夫ですが、必ず自分の待機映像と他のチャットレディさんの待機映像の画質を比較してみて下さい。そこで画質の悪さが目立つようであればウェブカメラの購入を早めに検討した方が良いでしょう。

 

ウェブカメラを選ぶ時のポイントがいくつかありますので解説をしていきます。

 

ポイントは大きく分けて4つあります。

 

1.画質
2.視野角
3.音声
4.設置の自由度
5.フレームレート

 

画質に関しては言うまでも無いとは思いますが、ウェブカメラの画質が悪いとザラザラしたような映像になってしまいチャットレディさんの魅力が損なわれてしまいます。画質は別の言い方をすると解像度とも言いますが、それが最低でも720pは欲しい所ですね。出来れば1080p以上あると時代の進化にもある程度対応出来て長期間使えるかと思います。

 

dxliveチャットレディはウェブカメラの画質が悪いと魅力が半減する

 

次は視野角に注目しましょう。視野角というのはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、これが結構重要でして、この視野角が大きいほどウェブカメラで映せる範囲が広がります。視野角が大きいウェブカメラの事を広角カメラまたは広角レンズなどと言ったりします。

 

視野角が小さいカメラですと顔だけしか映せなかったり胸元しか映せなかったりするのですが、広角カメラだと顔から足元まで全体を映せたりするので、チャットレディさんの魅力を余すところなくアピールする事が出来るようになります。

 

dxliveチャットレディはウェブカメラは広角を使った方が良い

 

体全体を映したい場合はウェブカメラを離せば良いのですが、ある程度広い部屋が必要になりますので、出演に使う部屋があまり広くないというかたは特にこの広角カメラを選択した方が良いでしょう。

 

音声についても大切にしていきたいですね。基本的にチャットレディさんは音声で会話をしていきますので、ウェブカメラに内蔵されているマイクの性能が悪いと、声が籠ってしまってまるでお風呂で出演しているかのような感じになってしまったり、そもそも雑音が多すぎて聞き取れないという事も稀にあります。音声の性能については実際に使ってみないとなかなかわからないところではありますが、少なくともマイク機能がウェブカメラの背面だけについているようなタイプのものは、チャットレディさんの声が届きづらいものになりますので注意しましょう。

 

ウェブカメラの設置の自由度についても注目していきましょう。全く角度調整が出来ないウェブカメラだと自分が思った通りの映像を作る事はかなり難しくなります。チャットレディさんは臨機応変にカメラの位置やアングルを変える事で稼ぎやすくなる事も多いので、ウェブカメラの角度がある程度自由に変更できる方が有利です。

 

最後にフレームレートについてです。フレームレートの数値が大きくなるほどなめらかな映像を届ける事が出来るようになります。例えば、フレームレートが15と60のウェブカメラを比較すると、60のウェブカメラの方がカクカクしない滑らかな映像になるという事です。考え方としては、パラパラ漫画をイメージして頂けるとわかりやすいと思うのですが、15枚の紙を使ってパラパラ漫画を作るのと、60枚の紙を使ってパラパラ漫画を作るのとでは、全く同じ漫画だとしてもクオリティに差が出ますよね。

 

チャットレディさんは基本的にはそんなにフレームレートは高く無くても大丈夫なお仕事なのですが、DXLIVEなどのアダルトライブチャットに出演してなおかつ素早い動作を行うようなパフォーマンスをする場合は、フレームレートが高い方がクオリティの高い映像になります。

 

これら全てのポイントにマッチしたウェブカメラを探すというのは結構大変な事かもしれませんが、一応の目安としてウェブカメラの金額が3000円より下のものに関してはどこかしらに使いにくさがあるなという印象があります。5000円以上のものであれば取りあえず満足できるかなとは思いますが、出来れば1万円近いウェブカメラを選択した方があとあと後悔しにくいと思います。

 

ただ、チャットレディのお仕事を始めていきなり高額なウェブカメラを買うというのも勇気が必要かと思いますので、1、2ヶ月お仕事をしてみてお金に余裕が出来そうだったら本腰を入れてウェブカメラのランクアップをさせてみても良いかもしれませんね。

 

現状オススメのウェブカメラ

 

その時代ごとにどんどん新しいウェブカメラは出てきているのでその時の最新のものが最もオススメではあるのですが、一応現状でおすすめのウェブカメラをご紹介したいと思います。

 

DXLIVEの公式サイトでは『ロジクールC920』をオススメしているのですが、私もロジクールシリーズが最も安定していると思います。設置のしやすさ、画質や視野角の広さなどまさにチャットレディさんやユーチューバーのライブ配信の為に作られたようなウェブカメラです。

 

dxliveチャットレディのオススメウェブカメラはロジクールのc920
→商品ページを見に行く

 

そして現在は次のバージョンのC922も出ていますのでそちらもオススメです。

 

C922も基本的にはC920と同じ解像度(画質)ではありますが、個人的にはC922の方がより自然な色合いを出してくれていると思います。

 

また、フレームレートが60ですので早い動作を行ってもスムーズな映像になります。ただ会話をするだけのライブチャットであればここまでの性能は必要ないかもしれませんが、DXLIVEでは激しいパフォーマンスをする事もあるかと思いますのでフレームレートは高いにこした事はありません。

 

さらに、少し暗めの部屋であっても調光機能で自然な明るさで映し出してくれる点もありがたいですね。

 

dxliveチャットレディのオススメウェブカメラはロジクールのc922
→商品ページを見に行く

 

まとめ

 

ウェブカメラ選びや設置方法は最初は難しいと思うけど、とりあえずこのページを参考に始めていきましょう。ウェブカメラは最初から出来るだけ良いものを使って頂いた方が稼ぎやすくなりますので、ウェブカメラ代金程度はすぐに取り戻すことができると思います。

 

また、ウェブカメラは5000円まではDXLIVEでキャッシュバックしてくれますので、1万円のウェブカメラを購入したとしても半額の5000円負担に済みますので、お金に余裕が無い方も一時的に少し頑張って頂けると後々にも良いかなと思います。本当にお金に苦しい方は5000円以内のウェブカメラを購入して無料で手に入れてしまいましょう。

 

あとは、実際にウェブカメラを使用してチャットレディのお仕事をしてみてから、有料チャットに来てくれた男性会員さんに『聞き取りづらく無いですか?』とか『どんな角度が好きですか?』などと聞いてみて意見を取り入れていくとより一層稼ぎやすくなってくると思います。

 

DXLIVEのチャットレディは新人期間中にライバルと差を付けろ!

▼合わせて読んでおきたい記事▼

新規入会チャットレディさん応援!DXLIVEの太っ腹特典ボーナス!ウェブカメラキャッシュバック!

 

チャットレディの照明選び!魅力を引き出すおすすめの当て方!

▼次の記事▼

チャットレディの照明選び!魅力を引き出すおすすめの当て方!

DXLIVEの公式サイトで詳細をチェック!

公式サイトで学ぶ
dxliveトップページへ移動するボタン dxliveチャットレディの入会ページへ移動するボタン

当サイトで学ぶ
dxliveチャットレディの体験談 チャットレディ求人ランキング
DXLIVEチャットレディの報酬 チャットレディ適正
dxliveチャットレディの基本情報をもっと見るボタン
dxliveチャットレディの応用情報をもっと見るボタン